お役立ち・お友達リンク集
<   2006年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧
初遠足
さて、今週の月曜には「幼稚園行きたくな~い(泣)」とグズッて親を心配させた我が愛娘。
翌火曜日。なぜか一転、張り切って幼稚園に行ったようです。
いつもの時間よりさっさと素早く着替え、バスがくるのが待ち遠しいくらいの勢いだったとか。

ようわかりません。。。(^^;
なにはともあれ一安心。


今日は待望の初遠足でした。
ママはいつもよりも更に早起きをして美味しいお弁当を作ってくれました。
雨の確率が高かったけど、天気もなんとかもってくれました。
娘は何が気に入らなかったのか「抱っこ抱っこ」で母親をくたくたにさせたようですが、それもご愛嬌。

b0054237_9404544.jpg

(目が腫れぼったいような・・・?)









聞くところによるとお父さんが付き添ってきてる子もいたとか。
僕も今度会社休んで行こっかなぁ。
お母さん達に名刺配って旅行のパンフレット渡しまくったら引かれるだろうな・・・。(しないって)

いずれにしても娘は幼稚園に慣れてきたようで良かったです。
楽しい思い出一杯作ってもらいたいもんです!
[PR]
by summitfukuoka | 2006-04-26 23:17
新天地へ
先日、会社を退社するという友人の為にささやかながら送別会を行いました。
(まぁいつもの飲み会ですが・・・)

彼は、とある会社の福岡支店長だったのですが、この度会社を去ることになりました。
会社の体制についていけないというのが大きな事情のようです。

驚いたことに、彼の退社をきっかけに残りのスタッフ2名も辞めるとのこと。
辞めた3人で新しい会社を興すというような話ではなく、これから3人、それぞれ別々の道を歩むようです。

2人のスタッフにも話を聞いたのですが、共に支店長を慕っており、共に会社への不満を口にしておりました。
支店長も現状を打破すべく会社に粘り強く進言を続けてたようですが受け入れてもらえず、刀折れ矢尽き、ほとほと疲れ果てたといったところでしょうか。


新しい会社に入るときには誰しもが明るい夢と希望と未来を携えているわけで、それがかなわぬ現実だと思い知らされ去っていくのはなんとも悲しいものです。

「うちの会社に合わない人間は去っていくのもいた仕方ない。去るものは追わず」
といえば聞こえはいいけど、年がら年中人材不足の会社はやはり会社に問題アリでしょうね。

経営者のはしくれとしては、社員がいつも夢を語り合い、少しずつでも発展・成長を続ける会社を作りたいもんです。


自分の人生において無駄なことはひとつもないといいます。
一見回り道のように見えても、その人にとっては全てに意味があると。
図らずも3人それぞれの路を歩む事になった訳だけど、新天地でそれぞれ楽しく頑張りましょう!
僕もやるけんね!


追伸
落ち着いたらまた飲みましょう。(^o^)
[PR]
by summitfukuoka | 2006-04-25 09:22
日曜夜はブルーなり
日曜日。

いつもより早起きをして、家人が寝てる間に先日購入したDVDをこっそりと見る。
インターネットの勉強商材。
勉強勉強死ぬまで勉強。
本当はこういった時間をもっと作らなければいけないのだけど。
時間の使い方がヘタ。 平日はあっという間に1日が終わってしまう。
もっと工夫するのだ!>俺。


朝ごはんを食べて、今日は那珂川方面へドライブ。
南畑ダムとやらに行ってみたけど、なんにもないのね・・・。
帰りの公園で娘とバトミントンをして遊ぶ。
自分が羽をうまく返せないと泣きそうになってジタバタ悔しがる。
以前はこんなことは無かったのに、これも成長の証しなのでしょう。


夕方まではずっとハイテンションだったのに、晩御飯を食べる頃になると娘がメソメソしだす。
「幼稚園行きたくない・・・。ママと一緒に行きたい・・・」
日曜の夜にブルーになる気持ち。父さんわかるなぁ。
もうしばらく様子をみて、本当にイヤならやめればいいやね。
1年後にまた行けば。


イヤなことは我慢してやらなくていいのよ。
好きな事を思い切りやって生きていけばいい。
そんなこんなで子供の頃日曜の夜はブルーだった君の父さんも、今じゃ日曜の夜はやる気満々よ。
日曜の夜は君に合わせて8時半に寝るよ。月曜からに備えて。

明日からまた1週間、楽しもうー!
[PR]
by summitfukuoka | 2006-04-24 19:45
旅好き人
旅好き人が月に一度集う飲み会「旅の茶話会」に行ってきました。
ほとんどが初対面同士だったにもかかわらず、いつものごとく旅の話で大盛り上がり。

参加者の一人の女性が持ってきてた旅の写真を見せてもらったのですが、その写真の素晴らしいこと!
もう本当に、全ての写真がそのまま絵葉書として使える感じなのですよ。

さぞかし立派なカメラで撮影されたと思いきや、「これですよ」と見せてくれたのは、なんのこたぁない普通のデジカメなんっすよ。

今まで綺麗な写真を見るたび、「やっぱカメラの違いやね。俺だって高いカメラを使えば・・・」と自分に言い訳をしてた僕は大ショックですよ。
問題はカメラじゃかったんだ。
なんちゅうの?感性の違い? ・・・・・ (;´_`)
がんばろ。


それにしてもいつも思うのだけど、旅好きな人達ってやっぱ変わり者が多い。
いや、もちろんいい意味で。(汗)

旅に出ること(特に海外に行く事)の大きな効用のひとつは、
「自分が今まで常識と思っていた事は単なる日本での常識であって、人としての常識ではない」
ということを身に沁みて体感できることだと、僕は常日頃思ってます。

そういった意味で、長期の海外生活や海外放浪の経験がある人は、自分を客観視できる人が多いような気がします。
そういった人とは話をしてて本当に楽しい。


世界は広い。
お楽しみはこれからだよ。
[PR]
by summitfukuoka | 2006-04-21 14:47
給食スタート
さて、娘の幼稚園も今週から給食が始まりました。

午前中のわずか2時間でも泣いてた様子なのに、お昼過ぎまで果たして無事に過ごせるのだろうか?トイレもちゃんとできるやか?
親としては心配です。

で、今週初め、幼稚園に父兄面談(?)だかに行ってきた嫁ハンいわく、

「給食の準備してたんだけど、教室の外から見てるとね~、ユイちゃん泣きながらテーブルとかだしてるわけよ。先生は忙しいからあまりかまってやれないし、見ててかわいそうだったよ・・・」


これだけインターネットが普及してきたので、幼稚園の各教室にカメラを設置してオンラインで様子が見られるようなシステムがあればいいですよね。
変な人間はアクセスできないように、親だけにパスワードを与えて。

たぶんそんなに難しい話ではないと思います。
こんなシステムを導入してる幼稚園って既にありますよね。たぶん。
幼稚園にとって凄いセールスポイントになると思うんだけどなぁ。


・・・と僕は常々思ってましたが、はたと気づきました。

そんなのがあれば、見てる親から幼稚園へ電話が殺到するわ。マジで。

「ちょっと!うちの子、泣いてんじゃないの!なんでほったらかしなの!」
「ほら!今、他の子からたたかれたじゃない!ちゃんと見ててよ!」

なんて具合で。。。

世の中知らない方が良い事 ってのもあるんでしょう。たぶん。

夜は娘の就寝時間に間に合いそうにないので、朝のひと時と土日くらいは思いっきり甘えさせてあげようと思う今日この頃であります。
[PR]
by summitfukuoka | 2006-04-18 08:51
親の愛情
さて、我が愛娘が幼稚園に通い出して無事1週間がたちました。
娘はすっかり幼稚園にも慣れ、毎日楽しく通っています。

・・・といいたいところですが、どうやら幼稚園では毎日泣いてる様子。

徒歩通園組の知り合いママさんいわく、
「うちの子を迎えに行ったら、今日もユイちゃん泣いてたよ・・・」

そんな話を嫁から聞くと親としては相当に心配です。
それでも、家でいつものひょうきんぶりを発揮してる娘に、
「幼稚園楽しい?」と聞くと、
「うん、たのしいよ」とけなげにも答えます。


そういえば僕も子どもの頃、日曜の夜は大嫌いでした。
明日からまた学校かと思うと「サザエさん」を見ながらめちゃくちゃブルーになったもんです。

別に学校でいじめられてるわけでもなく、行けば行ったで楽しかったと思うのに、なんの理由であんなに日曜の夜はいやだったんだろ?
今まで我ながら不思議だったのですが、ふと気づきました。

  僕は学校がきらいだったのではなく、家が好きだったんだ。

あの頃の僕にとって、親(特に母親)の愛情がいっぱい詰まった家はたまらなく居心地が良かったんでしょうね。
子どもの頃に親からたっぷりの愛情を注がれて育った子は、優しく素直な人間に育つと言います。
僕がひねた人間にならなかったのは親の愛情のおかげなのです。
いまさらながら両親には感謝感謝です。


ならし保育の1週間が終わり、来週からは給食が始まる娘。
思い出いっぱいの楽しい幼稚園生活を送ってもらいたいもんです。
[PR]
by summitfukuoka | 2006-04-14 06:16
日記
日記つけてますか?

僕はビジネスマンとしてスケジュール帳はもちろん持っており、日々の予定はスケジュール帳に書き記してます。
スケジュール帳は社会人になって毎年購入してるので、20冊近くにはなると思います(ちょっとしたmy歴史)。
まぁそれが日記といえば日記ですが・・・。


先日知り合いから薦められて「3分間日記」という本を読みました。
これ良いですね。

     夢を叶えた人の日記には「夢」がある。
     「夢」「目標」のない日記は20年続けても
     ただの行動記録。

アイタタタ・・、痛いとこつかれた。
僕がこれまで書いていたのは正にそのままズバリ。「ただの行動記録」。


この本を読み終えた行動派(単純?)の僕は、早速本屋へGO!
今使っているスケジュール帳とは別に日記帳を買って来ました。
それも「5年日記」。

実は僕には2010年末に達成したいと思っている夢があります。
そんな僕に、2006年から2010年まで記録のできる5年日記はぴったりなのです。

「全てのことは2度創られる。頭の中で、そして現実に。」

と言った人がいます。
僕の2010年末の夢も頭の中では既に創られてるので、あとは現実に創るだけ。
毎日同じ事を書いてると、(一見突拍子もないようなことでも)現実にそこにたどり着く道筋、そして今やるべきことが見えてくるので面白い。


もう一つ。
この本の中ですごく納得できたのは、

    ライバルは2人作れ。
    一人はすぐに追い着けそうな身近なライバル。
    もう一人はなかなか追い着けそうにない、目標とすべきライバル。

というくだり。

すぐに思いつきました。

一人は同業他社の○○さん。
勝手にライバルと認定させていただきました。
2010年までには追いつきます。

もう一人はワタミの渡邉さん。
こっちは相当に手ごわい。
具体的にどうなった時点で追いついたといえるのか。
今のところサッパリわからない。


だから楽しい。
[PR]
by summitfukuoka | 2006-04-13 09:20
世界一周へ
月曜日は友人の久米美都子さん ご一家世界一周をお見送りにいきました。
家族4人で1年間。

b0054237_19552055.jpg










旅の移動に関しては、その都度に航空券を購入するよりもあらかじめ世界一周航空券を購入してから出発した方が、料金的にも精神的にも断然安心。
ということで、世界一周航空券を手配させていただきました。


世界一周航空券とは、航空会社の各グループに加盟している航空会社を利用して世界一周をつなぐという方法です。

主なグループは、ワンワールド、スターアライアンス、そして、ラウンドザワールドの3つ。
それぞれのグループは加盟航空会社が違い、さらには途中降機が可能な回数や合計マイル数の制限などでそれぞれの特徴があります。

あらかじめ全行程と出発便は決めておく必要がありますが、出発便以降はオープン(ルートは決まってるけど日にちは自由)です。


あれやこれやと色々と検討の結果、最終的に今回久米さんが選んだのはアフリカに強いラウンドザワールド。
1年間有効。そして3,5万マイル内でお値段は¥385,000。

ルーティングとしては、まずはアメリカに入り、中米、南米を抜けて南アフリカへ。
アフリカをエジプトまで北上し、中東を通ってアジア、そして福岡へ。

4/10に福岡を出発して1年後福岡に帰ってくるまで、飛行機に乗るのは全部で16回。
陸路を含めると移動距離は約3,3万マイル、約5万キロの旅です。


1年間のあいだには、向こうで語学学校に通うというような計画もたてているとのこと。
これまでも親子で何度も海外旅行を経験している久米さんのことなので、それぞれの土地で、現地の人達(特に子供たち)と素敵なふれあいをされることと思います。

旅の途中でブログも書いてくれるようなので楽しみにしております。
 小学生世界一周日記 ~僕たちは今世界一周中!~

とにもかくにも元気で、無事に帰ってきてくれることを祈ってます!
[PR]
by summitfukuoka | 2006-04-12 18:37
初登園日
月曜は娘の幼稚園初登園日でした。

娘はバス通園組。
スクールバスのスケジュールを見るとうちのマンションは比較的早いピックアップのようで、色々と拾っていってどうやら園に着くまでは1時間余りある様子。
1時間も一人でバスに乗っていられるやか・・・?(不安)


そんな月曜の午前中、仕事をしてると嫁からメールが。

      今泣かずにバスに乗って行ったよ~ 感動
      涙がでそう

生まれて此の方、何をするにも24時間親がそばについていたわけですよ。
ついこないだ迄赤ちゃんだった娘がたった一人でバスに乗り込む姿。
想像しただけでこちらも胸が締め付けられます。

沁みるなぁ~。(参照:タイフリークさん


娘に幼稚園の様子を聞こうと、その日、いそいそと9時過ぎには(僕としては頑張って)家に帰り着きました。
娘、もう寝てました・・・(ToT)

今まで娘は宵っ張りで、寝るのはいつも12時近く。
寝るときには布団の中で絵本を読んでもらうのが日課で、

「はい、今日はパパはこの3冊。ママはこっちを2冊読んで。」
「え~、今日は2冊で勘弁してくださいよ~。ユイさ~ん。」
「ダーメ!これ読んだら寝ていいからね。」

なんてやってたのが、これからはそうはいきません。
幼稚園が始まったので就寝時間は8時だそうです。

「中途半端に早くてちょうどユイちゃんが寝る時間だったら寝れないから、遅くなるんだったらもっと遅く帰ってきてね」(嫁)
「はい・・・」(僕)


もっと密度の濃い仕事をせねば。
こうして時間管理方法を真剣に身につけていく私でした。
[PR]
by summitfukuoka | 2006-04-11 09:31
入園式
土曜は我が愛娘の入園式でした。

本人は幼稚園に行くのを楽しみにしている様子で、
親の心配をよそに朝から気合が入りまくり。
b0054237_8575061.jpg


園内の桜も満開で絶好の入園式日和。
b0054237_961797.jpg








講堂での入園式は親がそばについていたので滞りなく進みました。

式が終わった後は子供達だけで各教室に移動。
親はそのまま残って園長だかの挨拶。

僕はこっそり教室についていったのですが、親と離された子供たちが泣き叫び、教室はまさしく阿鼻叫喚(ToT) 。

見てるとやはり(?)泣き叫んでるのはほとんど男の子。
泣き叫ぶ子をよそに、うちの娘はしれっとした顔でお遊戯に夢中。
(親としては嬉しいやらちょっと寂しいやら・・・)



その後お母さん達も教室に戻り、担任からのご挨拶。
b0054237_8581570.jpg


最後は先生から、「がんばりました」のペンダントと紅白饅頭をいただいて解散。
b0054237_8583873.jpg






お昼は娘の希望で、「ジョイフル」にて御祝いの豪華昼餉(^^;

午後は太宰府にてお花見。
b0054237_859153.jpg








天気に恵まれ良い式でした。
自分にもこんなときがあったんだなと思うと何か感無量ですね。

新しい友達、新しい先生、新しい生活。
彼女がこれからどんな経験をしていくのかと思うと、こちらもワクワクしてきます。
いつもその笑顔を忘れず、何事も楽しんでね。

う~ん、なんだかちょっと羨ましいぞ。
僕も学校行きたくなっちゃった。
この気持ちを忘れないうちにと、「大学入学・卒業」というのを僕の夢リストに新たに加えた一日でした。
[PR]
by summitfukuoka | 2006-04-10 08:53
トップ

2004年11月に福岡でWeb専門旅行代理店設立しました。    新米社長の夢や現実(&子育て)綴ります。
by summitfukuoka
以前の記事
最新のトラックバック
進化し続けるミュージシャ..
from とりあえず俺と踊ろう
長渕剛異例のチャート上昇中!
from A TALE FOR YOU
金稼ぎに悩んでるんだった..
from キャッシング・クレジットの虎の巻
全解剖!千葉県の田舎暮ら..
from 全解剖!千葉県の田舎暮らし
こんにちは
from 絶対大損させない交通事故保険..
海外での災害
from 海外生活トラブル回避法
カレンダー
from Blink Link 役立つ..
営業ノウハウを学んで収入UP
from 営業ノウハウ
勝ち組営業のウラ教科書<..
from 資格試験@合格情報館!
東京ビジネスホテル.com
from 東京ビジネスホテル.com
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧